本格焼酎輸出協会は「壱岐焼酎(麦焼酎)」「球磨焼酎(米焼酎)」「薩摩焼酎(芋焼酎)」を世界に広げます 

活動紹介

本格焼酎

本格焼酎輸出協会 概要

【設立】

2010年10月1日


【設立趣旨】

我が国の伝統蒸留酒である本格焼酎の中で、WTO(世界貿易機関)において産地指定を受けている地域の「壱岐焼酎(麦焼酎)」「球磨焼酎(米焼酎)」「薩摩焼酎(芋焼酎)」を、それぞれの歴史と気候風土に裏打ちされた文化・食生活などの各地の魅力と共に、世界市場に広めるための啓蒙活動・輸出促進活動を行い、その活動を通して各地域の振興や広報にも寄与する。


【役員】

会 長 原田 知征   ( 壱岐の蔵酒造 )
副会長 高田 啓世   ( 高田酒造場 )
理 事 大石 和教   ( 大石酒造場 )
理 事 大石 啓元   ( 大石酒造 )
監 事 軸屋 喜一郎  ( 軸屋酒造 )


【会員】

産地指定を受けた壱岐・球磨・薩摩の本格焼酎メーカー5社(名簿参照)


【主な輸出先】

アメリカ、オーストラリア、ドバイ、チョコ、シンガポール、中国、香港、台湾、韓国


【その他主な活動実績】

  • 日本酒造組合中央会主催の本格焼酎イベントへの参加(高田酒造場/2006年2月・2007年2月)
  • 日本酒輸出協会主催のシカゴ・ボストン・ニューヨークでの試飲イベントへの参加(壱岐の蔵酒造/2008年4月)
  • 香港シティースーパー主催の焼酎フェアへの参加(壱岐の蔵酒造/2009年7月・2010年8月)
  • 日本酒造組合中央会主催の本格焼酎イベントへの参加(壱岐の蔵酒造/20010年2月)
  • ロンドン(イギリス)での試飲商談セミナー、大使館での試飲会の開催(本格焼酎輸出協会/2011年2月)


【今後の計画】

今後は、海外で年1回の焼酎試飲イベントを、場所を変えながら行うとともに、国内での輸出勉強会なども行う。




powered by HAIK 7.1.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional